インプラン治療の利点欠点

みなさん、こんにちは。
畑山歯科医院の畑山敬秀です。
最近、雨や曇りなど悪天候が続いておりましたが、今日は久々に気持ち良い日になりましたね。
f0211096_746353.jpg

先日僕の知人で、2本分の小さな義歯をされている方が義歯を食事中に飲み込んでしまったので、
インプラントを含め治療を考えたいとの相談を受けました。
インプラントの利点、欠点を教えてほしいとの事でしたので、改めて説明をさせていただきたいと思います。
利点としては1.よく噛めるようになる
2.周りの歯の負担を大幅に減らすことができる(ブリッジのように、歯を削る必要がなく入れ歯のクラスプ(金属部分)を歯に引っ掛けて、歯を傷める事がない)
3.見た目が天然歯と変わらない
4.笑顔が増える(インプラントをすることにより、よく噛めるようになり食事が楽しくなり、
ご家族やご友人との食事中に会話がはずみ、人生そのものも、楽しくなります。)
5.若返る(入れ歯をして、老けたとか感じられる方にとっては、インプラントが精神的にも大きくプラスになります。)
欠点としては手術費用が高いことです。

相談の方は、当ホームページからメールをいただいても構いません。
[PR]

by hatayama8241 | 2013-06-29 07:42

虫歯の難しい話

f0211096_904582.jpg
こんにちは。畑山歯科医院の畑山敬秀です。
歯科検診で来られる患者様が増えています。
そこで虫歯の原因について書きたいと思います。
お口の中には多くの口腔常在菌という細菌が存在しています。
この中には「ミュータンス連鎖球菌」を中心とするう蝕(虫歯)原因菌が存在し、これらは食べもの、特に砂糖やでん粉等の糖分から酸を作り出します。
糖分の中でも、砂糖の主成分であるスクロースは酸産生能が高く、キシリトール等は低いと言われています。
う蝕原因菌と酸、食物残渣、唾液は結合し、歯垢となって歯に沈着します。
歯垢が歯から取り除かれないと次第に歯石へと変化していきます。歯垢や歯石は細菌の温床となるわけです。
それらを放置すると、周囲の歯肉を刺激し歯肉炎となり、最終的には歯周病を引き起こします。
一方で、細菌が作り出した酸はエナメル質を溶かし歯に穴を作っていきます。
最初期の段階では、エナメル質の抵抗性と歯の再石灰化のため、エナメル質表層は溶けず、その下から溶け始め、エナメル質の表層下脱灰といいます。
この段階はまだ初期齲蝕であり、唾液による表面の再石灰化により、歯が元に戻る可能性があります。
その再石灰化で補うことのできないレベルまで歯が溶けた場合には、痛みを感じる虫歯に発展していくわけです。
お食事の後にはお口の中が酸性になり、歯の表層は常に脱灰されるようになっています。
しかし唾液によって時間が経つとカルシウムが定着し再石灰化するメカニズムをもって均衡を保っているのです。
従って、飲食の回数が多すぎたり、寝る前に飲食するなどの場合には虫歯になりやすくなりますので、注意しましょう。
[PR]

by hatayama8241 | 2013-06-09 08:51