歯が割れてしまった方へ

こんにちは。
畑山歯科医院の畑山です。
紅葉が綺麗な時期ですね。
f0211096_15534680.jpg
f0211096_15531624.jpg


今回は、歯が割れた時の後の治療について説明します。
歯が割れた場合、割れる位置次第で処置が変わります。
割れた場合、歯冠部分(歯の見えている部分)だけだと、歯の一部の修復や神経の治療を行ってから被せを行い治療できます。
しかし、歯根部分(普段は見えない歯茎の中の部分)だと、修復できない場合が多く、抜歯の対象となってしまいます。
抜歯と対象となった場合は、従来の方法だとブリッジか入れ歯となります。ただブリッジだと隣の歯を削らないといけない
デメリットがあります。入れ歯も隣の歯に引っ掛けたりしないといけません。
そこで、抜歯となった場合は、インプラントという選択肢があります。この方法だと隣の歯を削らなくてもよいというメリットがあります。
歯を削ってしまうと一度削るともうもとには戻りません。
歯割れてしまいお困りの方は、一度ご相談ください。
[PR]

by hatayama8241 | 2013-11-21 22:59